男性だって誕生日プレゼントでがっかりすることもある

誕生日プレゼントで失敗するのはいつも男性の方で、いらないプレゼントをもらってがっかりするのはいつも女性…そんなイメージが世間にまかり通っています。
ですが男性だってもらった誕生日プレゼントでがっかりすることもあります。
女性がいらないプレゼントでがっかりするのと同じく、男性も生活の中でも趣味でも使えないものをもらったけど、そのことを言い出せないで一人思い悩むこともあるのです。
ただ単に、男性は友人間などで情報を共有する習性がないから、その悩みを打ち明けないだけ。
一人でその思いを自分の中で対処しようとするだけです。


手作りの誕生日プレゼント…どうしたものか

手作りのプレゼントは嬉しいです。
お店に売っているものよりも何倍も思いが詰まったそのプレゼント。
しかもそのプレゼントは、お相手の女性しか作ることができない、世界でたったひとつしかこの世に存在しないものです。
誕生日プレゼントで大切なのはこの世にたったひとつであるというオンリーワン性。
手作りならこのオンリーワンの演出を、うまくやればお金を使わずに演出できるのです。
これならもらった男性が嬉しくないわけがありません。その人にとってもらって嬉しいものならば…。
ですが無理やり作られたようなプレゼントはひたすら負担で、しかも見た目も売り物に劣るそのもらったプレゼントを身につけて外に出かけることもできないので、ひたすら荷物です。捨てるわけにもいかないし…。
手作りのプレゼントを考えている彼女に一言言いたいです。
それは果たして自分の自己満足によるものではないですか?
手作りじゃないといけない理由が何かありますか? ここでもう一度プレゼントについてよく考えなおすべきです。


しっかりと事前に思いを伝えておくべきなのか

いらないものを誕生日プレゼントとして、一年に一度しか無い誕生日にもらうくらいなら、事前に何が欲しいかを伝えておくべきです。
いま生活の中で必要になっているものがあればそれをプレゼントするべきですし、そんな直接伝えるのはちょっと…という人はさりげなく「こないだ友達の○○が彼女からさ」と自分以外の情報として打ち明けることもできますし、それすら嫌ならお店の前で彼女にあれが欲しいアピールをしておけば、さすがに誕生日プレゼントで買ってくれるのではないでしょうか。
これは男女共に共通している話ではあるのですが、「自分の気持ちを察して欲しい」という気持ちで生活するのはおすすめできません。
自分の気持ちはしっかり相手に伝えないと、その人には伝わらないのです。